私のオフィシャルブログ!気になる事を書くよ!

不祝儀における子供の服装を考える

不祝儀における子供の服装を考える

 

不祝儀における子供の服装を考える

 

近々、5才の息子を連れて法事に参列する予定があります。
息子を連れて冠婚葬祭に参加するのはこれが初めてなので、どんな服装をさせたらよいのかと考えています。

 

子どもの葬儀や法事に相応しい服装とは

年に何度も着るものでもないし、すぐにサイズが合わなくなってしまうので、購入するのはなんだかもったいない気がします。
だからといって、相応しい服がある訳でもありません。
そこで、いざという時のために知っておきたい、子供の礼服事情をまとめました。

 

制服

制服は、フォーマルな場に相応しい正装ですので、幼稚園や学校の制服があれば、それを着せましょう。
ネクタイやリボンがカラーであっても、制服なので問題ありませんが、あまりにも華美でデザイン性の高い制服の場合は注意が必要です。
厳粛な場にふさわしくない制服なら、着用を避けた方がよいでしょう。

 

基本の服装

制服がない学校に通っている場合は、その場に相応しい服装をさせる必要があります。
男の子の基本は白いシャツに黒ズボン、ベストやブレザーを季節に応じて着用させましょう。
女の子なら黒のワンピース、或いは白シャツに黒スカート、カーディガンを季節に応じて着用する感じです。
髪の長い女の子なら、大人と同じようにすっきりとシンプルにまとめます。
黒いゴムで結ぶか、光らない地味な色のヘアアクセサリーでまとめます。

 

デザイン

色は黒や濃紺の単色で、チェックや柄などは避けましょう。
素材は、コットンやウールが最適です。
黒だからといって、フリースやデニム地のようなカジュアルなものは避けましょう。

 

足元

黒の革靴がベストですが、黒系のスニーカーでかまいません。
大人と同じく、夏であってもミュールやサンダルはNGです。

 

赤ちゃんなら
着心地や動きやすさを考えたベビー服では、黒を探すのが大変です。
赤ちゃんなら白やベージュでもかまいませんが、柄物は避けたいところです。
いつも着ている服の中から、シンプルな福を選んでみて下さい。

 

レンタルの利用
予め分かっている行事であれば準備できますが、不幸はいつやって来るか分からないものです。
いざというとき困らないように準備しておきたいですが、子供の成長は早いので、用意していたものが小さくなって着られないこともあるでしょう。
そんな時は、レンタルの利用を考えてもよいでしょう。

 

礼服を持っていないのが当然である子どもだから、大人ほど服装の決まりは厳しくありません。
その場に相応しい服装をさせようと親が気を配っていることが、周囲に伝わればよいのです。
子どもに無理をさせない程度に、マナーを守った服装をさせましょう。

トップへ戻る